トイレリフォームを成功させるには

トイレリフォームを成功させるには トイレはだれもが1日に何度も使用します。日常生活に欠かせない場所でもあります。使用頻度が多いので、何か不満があると気になります。もし今のトイレに何か満足できない部分があるのであれば、トイレリフォームすることで対処するのも一つの方法です。水漏れ 修理のついでにリフォームを業者に相談するという世帯も少なからず見られます。もしリフォームをしようと思っているのなら、具体的に何を求めているのかをイメージすることが大切です。家族のいる方の場合、年齢にも幅があるので人によって希望する条件が異なるかもしれません。そこで家族内でしっかり話し合って、条件を共有することが大事です。トイレリフォームを成功させるためのコツについて知っておくと話し合いの際にも役立ちます。

■掃除のしやすさを考えよう

トイレは毎日用を足すので、すぐに汚れてしまう側面があります。ですから少し放置していると、とたんに汚れが目立ってしまうことになります。こまめに掃除する場所ですから、リフォームを検討するのであれば清掃しやすいようにすることも考慮しましょう。ゆったり用を足したいと思って、便器を大型にしようとする人は多いです。しかしあまりに大きいと床の掃除をする際に便器が邪魔になってしまって、裏側に手が届かないといった事態も起こりえます。トイレの広さと便器の大きさのバランスは考えるべきです。また少しでも便器を大きく、なおかつスペースに余裕を持たせるのなら、タンクレスタイプを設置するのも一考です。

■老後のことも考えて
トイレは年齢を重ねれば重ねるほど近くなるといわれています。つまり使用頻度は今後増える公算が大きく、また体も弱くなりますから、今できていることが今後できなくなることも考えられます。そこでトイレリフォームをする際には将来のことを考えて、バリアフリーにすることも一考です。例えば手すりを設けましょう。足腰が弱くなると、何かにつかまらないと立てなくなることも考えられます。手すりがないとよくトイレットペーパーホルダーにつかまろうとする人がいます。しかし体重をかけすぎると壊れて落下します。そのため転倒してけがをする恐れも出てきます。また和式の場合、しゃがんで用を足すため、足腰に負担がかかります。洋式に変えて高齢者の負担を軽減するのもおすすめです。

■デザイン性も意識しよう

住宅の中でもトイレは比較的狭い空間になっています。このため、内装の交換なども比較的簡単に行えます。ちょっと交換するだけでも雰囲気は大きく変えられます。来客が多い場合、トイレも手抜きしたくないと感じている人は少なくありません。実用性はもちろんのこと、デザイン性も意識してリフォームプランを練ってみることをおすすめします。
リフォームを希望する人の中には、化粧スペースを設けたいというケースもあります。来客者があった場合、用を足したついでにちょっとした化粧直しも行えて便利ですが、化粧台を設置して、トイレが窮屈になってしまっては本末転倒です。スペースのことも考えて、設置すべきかどうか慎重に検討しましょう。

■まとめ
トイレリフォームをするにあたって、いろいろなことを想定して自分たちにとってどのような工事がベストなのかを検討する必要があります。そう何度も頻繁に交換できるようなものではないため、長く使い続けることも見据えてどうするか検討する必要があります。もしこれから水道業者にトイレリフォームを依頼しようと思っているのなら、一度家族内で話し合ってみることです。また業者のスタッフとも打ち合わせを何度か行うといいでしょう。プロの観点からいろいろとアドバイスがもらえます。家族全員が快適に過ごせるような空間にするにはどうすべきか、これを念頭に入れて考えることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース